ヴィトン モノグラム 長財布

ヴィトンのモノグラムの長財布について

ヴィトンと言えば、やはりモノグラムですよね。中でも代表的なアイテムである長財布が多くの人々に使用され人気を博しています。

 

このモノグラム、誕生はなんと1896年なんです!しかもあの「L」と「V」の組み合わせは日本の家紋を参考にしたデザインだそうです。

 

これぞヴィトンというデザインはもちろん、手触り感の良さや使い勝手がとても良く、決してブランドだけでなないモノとしての質の高さも評価されています。

 

そんなヴィトンの長財布を使用する上でのメリットをまとめてみました。まず素材は革製品ですがその手触り感と使い心地がとても良いことでも有名です。

 

使用し始めて初めて購入した価格以上の価値を感じることができると、一度ヴィトンの長財布を使用した人は、他の財布を持つ気になれなくなるほどとも言われます。

 

また、長財布ということで、札を折らずにきれいに収納することができる点とかさばらずにシンプルに持つことができるという点がメリットとなっています。

 

お札を折らずに収納することが出来るということは、取り出す時にも手間取ることがないので、会計時などもスムーズに行うことができるのが良いですね。

 

高級ブランド品で高価だけど品質がいまいちということは、ヴィトンの長財布ではほとんど聞かれず、世界標準のブランドとし確固たる地位を築いています。

 

一度ヴィトンを持つとその満足度の高さから、様々なものをヴィトンで揃えたくなる心理に陥ることも。

 

長財布のあまりの使い心地の良さから、キーケースなどの小物もヴィトンで揃える人も多くいるようです。