ココマイスター マットーネラージウォレット

ココマイスターのマットーネラージウォレットってどんな財布?

ココマイスターのマットーネラージウォレット【解説】

 

管理人が実際に購入してレビューしています!
⇒レビューはこちら

 

1000年の歴史を持つバケッタ製法で生まれる革を使った、極上の長財布がマットーネラージウォレットです。

 

ココマイスターで一番の人気商品がこのマットーネ・ラージウォレット。メンテナンスが楽で革の質感が出やすいマットーネ革、12cmも開いてお金やカードが出し入れしやすいデザイン、高すぎない価格というあたりが人気の理由だと思います。

 

製品名にもなっている「マットーネ」とは、イタリアのトスカーナ地方で1000年も続く「バケッタ製法」で生み出された皮革です。経年変化が起きやすいのが特長で、使っていくうちに味わいがどんどん深くなります。

 

バケッタ製法とは・・・?

イタリアのサンタクローチェ地方で1000年もの歴史を持つ、伝統的な革のなめし方法。牛の脚脂をたっぷりと塗り込み、手もみと手染めで仕上げていくのが特長。浸透したオイルは抜けにくく、使い込むとバケッタ製法ならではの色つやが出ます。一般的に「イタリア革」「イタリアンレザー」と呼ばれるものはこの製法でつくられた革を表すことが多いです。

 

ココマイスターのマットーネラージウォレット【解説】

 

マットーネはつくる際にオイルをしっかり塗り込んでいる革だそうです。確かに、購入時からしばらく使ったみたいなツヤがありました。ブライドルグランドウォレットと比べても、いかにも革らしい質感が味わえると思います。

 

たっぷり入れても膨らみにくいデザイン

ココマイスターのマットーネラージウォレット【解説】

 

上の写真のように、蛇腹状のマチがあるので思ったよりも物が入ります。中央の小銭入れと両サイドにカードポケットが8つ。さらに外側にもポケットがついていて、入りきらなかったカードやちょっとしたものが入ります。

 

小銭入れにはかなりの量を入れられますし、ジッパーで閉じるとわずか2.5cmの薄さなのでスマートに持ち歩けます。

 

好みに合わせて選べる3色

ビジネスシーンに最適なオールドブラック、革本来の変化を存分に楽しめるブランデー、いろんな色に合わせやすいビターチョコと3色から選ぶことができます。

 

ココマイスターのマットーネラージウォレット【解説】

 

マットーネという革は比較的メンテナンスが楽なのもいいですね。もともとたくさんのオイルを手作業で塗り込んでいるので、毎日普通に使うことでオイルが移動して自然にメンテナンスになるそうです。

 

革製品は新品ではなく、使い続けていってどう変化して熟成していくかが楽しみですよね。比較的手頃な価格で革本来の味わいを十分に楽しめるこの財布は幅広い方におすすめできる逸品だと思います。

 

■関連記事もどうぞ
→マットーネ・ラージウォレットの購入レビュー