薄い財布 abrasus

薄い財布(abrasus)は容量MAXでも本当に薄いのか

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

まるでパスケースと見間違えそうなほどの薄さ。

 

「アブラサス」というメーカー(なんか滑りがよさそうな名前ですが)の「薄い財布」というこれまた超ストレートなネーミングもインパクトがあります。

 

名前の通りとんでもなく薄いのが特長で、monoマガジンやグッズプレスなどアイテム系の雑誌で見かけたりしますし、けっこう有名な商品だと思います。

 

なので、私がわざわざ一からレビューするのもどうかと思ったのですが、一点だけ気になっていたのが「中身をフルに詰めた状態でも薄いのだろうか」ということです。

 

容量MAX時の厚みを実際に検証

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

これが一応、箱から開けたばかり、中身は空っぽの薄い財布です。使っている革の枚数が少ないことでこの薄さを実現しているんですね。

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

この部分、ただ折り返しているだけのお札入れ部分の革を、小銭入れ部分が重なることでひっかかりることで自然に「フタ」の役目を果たしています。。シンプルですがムダのない合理的なデザインだと思います。

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

では説明書にあったとおり・・・「お札15枚」「カード5枚」「小銭999円分(500円一枚、100円4枚、50円1枚、10円4枚、5円1枚、1円4枚)」を入れてみることにします。

 

お札やカードは無理なく入りますが、小銭999円はしっかり揃えて入れないとボタンが閉まらなかったり、閉まってもぼこぼこといびつに膨らんだりするので注意が必要です。

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

コツ的には、一番サイズの大きい500円玉を説明書のように端っこではなく、上の写真のように真ん中の位置に入れると収まりがいいように思いました。

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

これで、容量MAXの薄い財布の完成です!この状態でも気になる薄さはどうなんでしょうか・・・

 

薄い財布(abrasus)で唯一気になる所を検証してみました

 

さすがに、空の時よりは分厚いものの確かに薄さはキープしていますね。これならジーパンの尻ポケットに入れても無理はないと思います。

 

小銭入れ部分も2つのボタンでしっかり留まっているので安心感があります。

 

ただ、この「フタ部分」ですが、お札で厚みが増したせいか、小銭入れ部分のひっかかりが浅くなって、外れやすくなってしまいました。

 

たとえそうなっても、お札が落ちたり、小銭がこぼれる、ということはないですが、不意にベローンと中身が丸見えになるのはちょっとみっともないですね。

 

いまは新品の革が硬い状態なので、使っていくうちに革にクセがついてなじんでくれば、この問題は解決するかもしれないですが。

 

薄い財布は、お金の量よりもカード類が5枚と厳選しなければいけないですが、身軽にお出かけしたい場合に、一日中ポケットに忍ばせておく財布としてはかなり役立ってくれそうです。

 

小さめのボディバッグひとつで外出する時、手持ちのマットーネラージウォレットだと大きさを感じるので、そういう時に薄い財布を活用しようと思います。

 

⇒abrAsusの【薄い財布】公式ページはこちら